• 愛車に寄り添うインナーガレージ1
  • 愛車に寄り添うインナーガレージ2
  • 愛車に寄り添うインナーガレージ3

夜にふとライトアップした愛車を眺めていると、家を建ててよかったなあと思います。

「愛車のスープラを守れる家をつくりました」と、笑顔で話すお施主様。車好きのご主人にとって、インナーガレージは家づくりの絶対条件。奥さまの「主人の唯一の趣味だから叶えてあげたい」という優しい想いも重なり、インナーガレージを出発点としたプランニングが始まりました。

  • 2階建
  • 延床
    約42坪
  • 敷地
    約94坪

Design Concept

1. 過ごす時間の長いダイニングから眺めるインナーガレージと愛車

2. ガレージの上部には眺めの良いルーフバルコニー

3. 凹凸のあるLDK空間を活かした多面採光

Data

  • □家族構成/
    ご夫婦
    □竣工年月/
    2017年5月12日
    □建物/
    スマートステージ
  • □敷地面積/
    313.59㎡(94.86坪)
    □建物面積/
    1階:84.95㎡
    2階:54.60㎡
    □延床面積/
    139.55㎡(42.21坪)

smartstage

  • Planning

    実用性だけでなく『楽しさ』を兼ね備えたインナーガレージ

    室内から車を眺めるための窓は、ご主人がよく過ごすダイニングスペースの正面に設置しました。窓の位置は、スープラの中でも1番好きな後ろからの眺めを椅子に座って見られるよう、特注で床まで下げるこだわり。また、室内側にも照明スイッチを取り付けたので、見たくなったらすぐにライトアップできます。

  • Planning
  • Design

    落ち着いた木目調のインテリアと空間を演出する絶妙な照明計画

    3つの窓と照明が対になった、スタイリッシュな2階主寝室。木の皮模様のアクセントクロスで、格調高い雰囲気に仕上げています。

  • Design
  • 大空間LDK

    リビング奥の和室は、おこもり感が嬉しい3帖ほどの広さ。LDKから見えにくい隠れ処のような位置や、最近では珍しい本物のい草の畳や木目調クロスなどの採用で、落ち着いた部屋に仕上がっています。

  • 書斎コーナーの本棚

    室内とインナーガレージを直接行き来ができるよう、玄関にドアを設置しました。雨天でも濡れず、室内へ入ることができます。

  • 大胆なアクセントクロスが印象的な主寝室

    1階のトイレはホワイトを基調とした広々と清潔感のある空間です。奥様のセンスが光るウォールステッカーもインテリアのデザインアクセントに。

Staff Comment

  • お客様の『趣味』を活かした家づくりに
    プロとしてのアドバイスを

    愛車である、スープラは一般的な車よりドアが長いため、開ける時に壁にぶつからないよう、ガレージは標準以上の広さで設計しました。インナーガレージの間口を広くとれる鉄骨ラーメン工法の特性を生かしたユニット配置をプランニング。ガレージを中心としたプランのため、1階の決められた面積の中で、開口部の高さをのばすなど、いかに広々とゆとりある空間をつくるかポイントにおきました。

  • 設計士/永野 嘉人

    設計士/ 永野 嘉人

  • トヨタすまいるライフサポートチーム

    営業担当/
    檀上 裕太
    設計担当/
    永野 嘉人
    施工担当/
    小松 豊
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

他の建築事例

建築実例