背景
  • 家事時短の家1
  • 家事時短の家2
  • 家事時短の家3

「明日も仕事頑張ろう」って思える家

共働きの子育て夫婦は、毎日がフル回転。家づくりのポイントは「家事の手間を省くこと」。掃除をいかに楽にするか、流れるように動けるか。生活動線、収納、設備選び、すべてに時短を意識したら、日々の生活のベースが整い安らぎと明日への元気がもらえる住まいになりました。

  • 2階建
  • 延床
    約42坪
  • 敷地
    約62坪

Design Concept

1. どこにでも行ける回遊動線

2. ウォークスルー収納

3. タイル貼りの重厚な外観

Data

  • □家族構成/
    ご主人、奥様、お子さま1人
    □竣工年月/
    2018年6月9日
    □建物/
    シンセ・スマートステージ
  • □敷地面積/
    205.35㎡(62.12坪)
    □建物面積/
    1階:77.20㎡
    2階:64.82㎡
    □延床面積/
    142.02㎡(42.96坪)

シンセ・スマートステージ

  • Planning

    コンパクトに集まる家事スペース。8の字動線を使ってスムーズに移動

    玄関に設けた土間収納はパントリーにつながっているので、帰宅後すぐに買った物を収納。そのままキッチンへ行って食事の準備をスタート。洗面室は、パントリーと廊下の両方から出入りが可能。洗濯物干しなど、出勤前の忙しい朝の家事を楽にします。1階のどの場所にいても2~3方向に動け、家中を8の字に回遊できる動線が、行きたい場所へすぐに行ける時短動線を実現しています。

  • Planning
  • Design

    タイル使いの美しいLDK空間

    タイル使いの美しいキッチンを中心に、洗練されたインテリア空間。リビング奥の壁には、絵画のように描いたタイルのあしらいがアイキャッチに。また配線の出ない、造り付けのテレビボードを設置し、シンプルですっきりとした空間に。

  • Design
  • 玄関

    玄関からの光が入ると、壁面のガラスタイルがキラッと光って美しい。奥にはコートやバッグもかけられる土間収納。

  • 2階主寝室

    2階主寝室のウォークスルークローゼット。2wayなので通風と採光に優れている。

  • 洗面室

    広い洗面室には、座ってメイクができるスペースも。忙しい朝も、ふたり並んでスムーズに身支度ができます。

Staff Comment

  • 負担を減らす設備の選択

    共働き世帯の方のプランニングで、重きを置くのが、家事動線と収納。さらに今回の和久井様はキッチンなどの設備について、「手間が省ける」ことも念頭に置いてセレクト。水栓はタッチレスにして、水栓まわりの掃除の手間を省き、照明は極力、消し忘れとスイッチの掃除が不要な人感センサーに。細かい要素の積み重ねが、家事の時短につながります。家の中の細々とした負担が少なくなることで余裕が増えたぶん、家でくつろいだり、お出かけを楽しんだり時間を有意義に使えます。

  • 設計士/中村 幸子

    設計士/ 中村 幸子

  • トヨタすまいるライフサポートチーム

    営業担当/
    渡邉 真実
    設計担当/
    中村 幸子
    施工担当/
    伴 真里依
  • カタログ請求

他の建築事例

建築実例