背景
  • こだわりの敷地×平屋1
  • こだわりの敷地×平屋2
  • こだわりの敷地×平屋3

子どもが走り回り家事もスムーズで快適。

2階建てならば必要な階段。そのスペースで居室を広くでき、お子さまやご自身の将来の生活を考えても安心・安全で、建築費も抑えられるからと、平屋を望んでいた辻様ご夫妻。南面が広く開けたこの角地は、大きな庭のある開放的な家が欲しいと考えていた辻様のイメージにぴったり。多くの部屋が南に面した、明るく家族の一体感が得られるマイホームを実現しました。

  • 1階建
  • 延床
    約33坪
  • 敷地
    約116坪

Design Concept

1. 上下移動がなく将来も安心な暮らし

2. LDKから寝室まで見渡せるレイアウト

3. 南に面した居室が多く、明るい室内

Data

  • □家族構成/
    ご主人、奥様、お子さま1人
    □竣工年月/
    2019年3月11日
    □建物/
    シンセ・ピアーナ
  • □敷地面積/
    386.77㎡(116.99坪)
    □延床面積/
    111.41㎡(33.70坪)

シンセ・ピアーナ

  • Planning

    パブリックとプライバシーなスペースを隔てる

    共働きのご夫妻が重視したのが部屋の配置。生活の中心となるLDKは西側に、寝室や子ども部屋は東側にレイアウトして、家族や来客の集まるリビングとプライベートな居室のあるエリアを東西で分けました。それぞれの動線がシンプルになるよう、トイレと洗面を各2箇所設けております。

  • Planning
  • Design

    ウォールナット調の落ち着いた空間。

    落ち着いた色調・デザインのエコカラットを用いたT Vボード側の壁。夜にはダウンライトが深い陰影を描き出します。

  • Design
  • 寝室

    天井も床と同じダークな木目調にすることで、空間が低く感じられて落ち着くという寝室。

  • お絵かき用ホワイトボード

    LDKの一角をマグネットウォールにしています。お絵かき用にホワイトボードを貼り付けたり、作品を飾るお子さま用のコーナーです。

  • キッチン

    背面との距離を広くとったので二人でも悠々と動くことができるキッチン。パントリーが隣接していて便利です。

Staff Comment

  • 美しく、強いトヨタホームの平屋住宅

    南側が大きく開けた380㎡超えの土地を有効に活かすべく、南側に間口を大きく設計した平屋ならではの贅沢なプランニング。ワンフロアで暮らしが完結する平屋のメリットと、高層ビルにも採用される、地震に強く、長寿命、高品質な鉄骨ラーメン構造が一体となったシンセ・ピアーナ。家族がお互いの存在を近くに感じることができる距離感と、快適な毎日を実現しています。

  • 設計士/鈴木 想

    設計士/ 鈴木 想

  • トヨタすまいるライフサポートチーム

    営業担当/
    桂川 梨沙
    設計担当/
    鈴木 想
    施工担当/
    佐藤 龍馬
  • カタログ請求

他の建築事例

建築実例