背景
  • 家族がつながる吹抜リビング
  • 家族がつながる吹抜リビング
  • 家族がつながる吹抜リビング

いまも将来も、ずっと暮らしやすい可変性を備えたマイホーム

リビングからのびる吹き抜けは、開放感たっぷり。高窓から入る陽光が、室内の隅々まで明るさをもたらします。「視界が広がるので、ゆったりとした気持ちになれますよ」と、ご夫婦ともに満足のご様子。実はそれ以上に、吹き抜けの一体感が家族のコミュニケーションを深めているそうです。

  • 2階建
  • 延床
    約49坪
  • 敷地
    約91坪

Design Concept

1. 家族のつながりを感じる吹き抜け

2. 料理に集中できるキッチンなど独立した雰囲気がある空間構成

3. パブリック・プライベートを上手に配置したプランニング

Data

  • □家族構成/
    ご夫婦
    □竣工年月/
    2016年9月24日
    □建物/
    シンセ・アスイエ
  • □敷地面積/
    303.28㎡(91.74坪)
    □延床面積/
    162.18㎡(49.05坪)

asuie

  • Planning

    上下階での会話がコミュニケーションを深める

    「声が届くのはもちろんですが、やっぱり話をするときは顔を合わせたい。」と話す奥さま。そして、ご夫婦ともに好きな場所が、吹き抜けに面した2階廊下。ここから高窓をとおして見える緑の多い景色が、ご夫婦の お気に入り。

  • Planning
  • Design

    吹抜けの開放感を活かす、デザイン性の高いスケルトン階段

    モダンなデザインを意識してスケルトン階段を採用。リビングの吹抜に面した階段が上下階の開放感をより高めます。階段下のスペースは、ご夫婦の読書やパソコンコーナーなど使い方を検討されているそう。

  • リビングルーム
  • 主寝室

    2階の主寝室は、ベッドに合わせて、奥さま好みの中世ヨーロッパ風インテリア。扉の向こうはウォークインクローゼット

  • キッチン

    「生活感を出したくないから」と、キッチンはリビングから見えない場所に。開放感がありながらも、各スペースが独立した雰囲気

  • キッチン

    動きやすいキッチンには、システムキッチンと色を合わせた造り付けテーブルを。「料理の盛り付けに便利だし、両親とテーブルを囲んで調理できます」と奥さま

Staff Comment

  • トヨタホームならではの大きな吹抜けを中心とした

    家づくりの当初は奥さまから「吹き抜けはスペースがもったいないのでは」とのご意見もありました。確かに、吹き抜けの空間を部屋として利用することもできますが、ご夫婦のご要望や土地条件を考慮する中で、吹き抜けならではの明るく広々とした空間や、各部屋のつながりを感じるプランニングを優先しました。満足いただけたというお言葉と、ご夫婦とワンちゃんの仲睦まじい姿が見られて、スタッフ一同嬉しく思っております。

  • 設計士/神谷 隆太朗

    設計士/ 神谷 隆太朗

  • トヨタすまいるライフサポートチーム

    営業担当/
    平川 敦英
    設計担当/
    神谷 隆太朗
    施工担当/
    小田 洋輔
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

他の建築事例

建築実例