T-STAGEマンションは『親子近居』を応援します。いざという時に頼れる、程よい距離がいい。

× 閉じる
そろそろ傍で暮らそうか
近居のメリット 近居のメリット
イマドキの近居・同居調査

同居よりも“近居”がこれからの住まい方の主流!?

内閣府の意識調査結果によると「理想の家族の住まい方」について、「親との近居」と答えた人は全体の31.8%。「親と同居」と答えた人の20.6%を超える結果となりました。適度な距離でお互いの生活を尊重し、いざという時は助け合える近居は理想なのでしょう。

理想の家族の住まい方は

Tステージは親子近居を応援します

育児や家事の手助けが、近居・同居の選択に

(独)都市再生機構「子育て世代に聞く 親世帯との同居・近居に関する調査」によると、同居・近居のきっかけは「結婚」が最も多く、次いで「住宅購入」「出産」。「子育てで両親の手助けがあると助かる」と感じている人も多く、同時に定年を迎える親世帯も、同居・近居を考えているようです。

理想の家族の住まい方は
近居のパターン

「近居」には、いろいろなパターンがあります。

  • 1
  • 親世帯の定年をきっかけに、子世帯の近くへ遠方の親世帯が移り住む。
親世帯が同居
  • 2
  • 子どもに持ち家の相談をされて、親世帯の住まいを子世帯に譲り、近くに新たな家を購入。
親世帯の住まいを子世帯に譲り近くに新たな家を購入
  • 3
  • 子世帯の引っ越しをきっかけに、子世帯が親世帯の近くに移り住む。
子世帯が親世帯の近くに移り住む
  • 4
  • 子世帯の持ち家をきっかけに、親世帯の持ち家を売却し、子世帯と同じマンションを別々に購入。
親世帯の持ち家を売却し子世帯と同じマンションを別々に購入

親子関係そろそろ考えていますか?

お互いに「どのように暮らしたらよいのか」をよく話し合い、良い関係性を築けるような住まいの距離感や、将来の住まいの活用の選択肢を視野に入れ、「近居」を検討してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ