夢の新住宅・供創プロジェクト

今回は、プロからアドバイスを貰いながら、学生さん達が考える『理想の住まい』の設計に挑戦

プランニング プランニング プランニング
グループ
  • 家は”楽しいかどうか”で考えるものだと思っていましたが。”暮らしやすいかどうか”という視点が基本だと教えていただきました。
  • 「母のための家」がコンセプトなのに、階段が遠い、南向きにほしい部屋がないなど、プロの指摘がもらえました。
  • 私の一風変わったアイデアをそのまま受け止めていただき、そのアイデアが実現できるようアドバイスをくださいました。
  • 吹き抜けのような広い空間では、エアコンの電気代が高くなると、現実的なアドバイスをいただきました。
送信

学生のみなさんとの取組みを紹介していきます

2016

つくるひと

第1回プロジェクトレポート