image photo

快適性で敷地を包み込む、というランドプランのあり方。

Landplan

■敷地配置概念図

1充実の敷地内駐車場

駐車場は敷地内に30台分を確保。そのうち、20台分を入出庫がスムーズな平面式としました。快適なカーライフをサポートします。

2リモコン式チェーンゲート

駐車場の出入口に、リモコンで操作できるチェーンゲートを設置。入居者以外の車両の進入を防ぎ、防犯性を高めます。

3ラウンジ

チェアとテーブルを備えた迎賓空間をご用意。お待ち合わせなどにご利用いただけます。

4防災倉庫

災害時に必要とされている防災用品を保管する防災倉庫を設置。万が一の際の備えとなります。

5宅配ボックス

不在時でも荷物を受付でき、ご帰宅後、24時間いつでも取り出せるので便利です。

6自転車置場
(レンタサイクル付き)

敷地内に自転車置場をご用意。入居者が利用できるレンタサイクルも2台備えています。

7バイク置場
(屋根付き)

バイク専用のスペースを敷地内に3台分設置。安心して保管することができます。

8歩車分離設計

敷地内の動線を歩行者と車で分けることで、安全性をより一層高めました。

四季折々、色とりどりに配された植栽計画。

モミジやソヨゴなど、さまざまな高低木を配しました。
四季を巡るたびに、歳月を重ねるほどに、大きく育ち、暮らしに潤いとやすらぎをもたらします。

モミジ

シラカシ

ソヨゴ

ローズマリー

※掲載の敷地配置概念図は計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。なお、植栽計画は変更される場合があります。形状の細部・設備機器等は一部省略又は簡略化しております。また、今後変更になる場合があります。※植栽写真は全てイメージです。また、設計段階のものであり変更になる場合があります。