背景
  • 子どもの感性を育む家1
  • 子どもの感性を育む家2
  • 子どもの感性を育む家3

心と体を伸びやかに育む明るい空間に弾ける家族の笑顔

明るく元気なエネルギーを発するS様邸のLDK。中心になって家づくりを進められた奥さまは家族が楽しく過ごせる間取りやインテリア、そしてお子さまの感性を刺激する仕掛けを考えました。もう一つのポイントが、 「整え過ぎない」ということ。間取りや素材、デザインにとことんこだわりながら、どこかラフな部分を残す遊び心。そのさじ加減は「80%」だそう。 残り20%のゆとりが、居心地満点のマイホームを創り出しました。

  • 1階建
  • 延床
    約33坪
  • 敷地
    約63坪

Design Concept

1.家事や生活の動線がスムーズな平屋

2.家族が集まりたくなる明るくて楽しいLDK

3.使う場所で片付ける収納

Data

  • □家族構成/
    ご主人、奥様、お子さま2人
    □竣工年月/
    2020年3月29日
    □建物/
    シンセ ピアーナ
  • □敷地面積/
    209.18㎡(63. 27坪)
    □延床面積/
    110.36㎡(33.38坪)

シンセ ピアーナ

  • Planning

    子育て世帯ならではの視点で考えられた間取り

    陽当たりのいい角地に、平屋を建てられたS様。階段がない平屋は、掃除や洗濯といった家事動線もシンプルで効率的。安全面でもお子さまが小さな現在から、ご夫妻が高齢になる将来にわたっても安心です。また、家のどこにいても家族の気配を感じられるので、親子ともに安心感が増すという点も子育て中のご夫妻にとっての魅力です。また、ダイニングキッチンとリビングをクランク状に配置し、空間をさりげなく区切りながら、お子さまたちがくるくると走り回る動線に「曲がる」というリズムをプラスすることで、楽しい遊び場になりました。

  • Planning
  • Design

    子どもの「感性」と「自主性」を育むインテリア

    ダイニングの壁紙には、料理やスイーツ作りが趣味のご主人のパーソナルカラーをセレクト。パパの素敵な姿を、一緒に料理した思い出とともに覚えていてほしいという奥さまの想いです。また、スタディコーナーでは周囲の豊かな緑が借景となっている窓をあえて高い位置に設置し、お子さまが集中できるように配慮しています。ダイニングやスタディコーナーの近くに絵本や工作・手芸材料を、キッチンのリビング側の引き出しにおもちゃや上着をと、使う場所に収納場所を設置しました。お子さま自身で身支度やお片付けができるようになりました。

  • Design
  • 子ども部屋

    温かい色使いの子ども部屋。優しい空間ができあがりました。

  • 玄関ホール

    玄関ホールの左右に設けたクローゼットには、靴はもちろん大型の荷物も収納。アウトドア好きのご夫婦は、キャンプ用品の出し入れも便利になったと大満足です。

  • リビング

    表し柱が吹き抜け空間のアクセントになっているリビング。勾配天井と高さ240㎝の窓が開放感を高めています。

Staff Comment

  • 生活スタイルの変化にもフィットする、魅力の平屋

    家事や生活の動線がスムーズで効率的な平屋は、階段が無いため安全や安心の面でも魅力があります。また、スマートエアーズを導入されたS様邸ですが、吹き出し孔を天井に設置できるという点も平屋をご提案した理由のひとつです。収納もお子さまの行動を考慮し、動線が良いだけでなく「子育て世帯」ならではの間取りを一緒にプランニングさせていただきました。

  • 設計士/永野 嘉人

    設計士/ 永野 嘉人

  • トヨタすまいるライフサポートチーム

    営業担当/
    堀田 和志
    設計担当/
    永野 嘉人
    施工担当/
    小松 豊
  • カタログ請求

他の建築事例

建築実例