HOME > 新築一戸建て注文住宅 > トヨタすまいるライフが選ばれる理由 > 中蔦様ご家族 対談 オーナー様×トヨタすまいるライフ

オーナー様×トヨタすまいるライフ 対談

中蔦様ご家族

学生の斬新なアイディアを、プロの実現力で暮らしやすい家に。

中蔦様ご家族

豊田高専の学生さん:杉山さん/安藤さん/リムセアンさん/成瀬さん/伊藤さん
トヨタすまいるライフスタッフ:永野(設計)/二村(営業)/鈴木(エクステリア)/南(インテリア)/山口(施工)

外も中もおしゃれ!こだわりがいっぱい。

奥様:
新居を探していた時に、建築中だったこの家を見せてもらいました。
ご主人:
建物の形状がコの字で変わっていて、おもしろいなと思いました。デザイナーズ住宅のようなおしゃれな印象でしたね。外観がかっこいいだけでなく、中に入ってもモダンでおしゃれ。スケルトン階段が特に気に入りました。
二村:
豊田高専の学生さんとのプロジェクトによる住まいです。学生さんのアイディアとプロのスキルがコラボした斬新な住まいなので、コンセプトが伝わるように案内させていただきました。
伊藤さん:
このプロジェクトが始まったときに、トヨタすまいるライフ(株)が街づくりに力を入れていると聞いて、街に対して開く住まいにしたいと思いました。そこで、コの字型の開いた部分が道路側に向いた建物はどうだろうと。
永野:
分譲住宅では多くの方に気に入っていただける住まいがコンセプトになるのですが、今回は学生さんと一緒にすすめる家づくりなので、いろいろな意味でチャレンジができました。
鈴木:
例えばウッドデッキは、普段は建物に添って平行につくりますが、今回は学生さんのアイディアで、左右で奥行きが違う斜めのデッキにしました。ウッドデッキはそのまま玄関ポーチにつながるアイディアだったのですが、残念ながら実用的ではなくて。でも、そのイメージは活かしたかったので、学生さんには木目柄のタイルを紹介しました。
奥様:
そんなこだわりがあったんですね。涼しくなったら、この話を思い出しながらウッドデッキでゆっくり涼みたいな。

個人の時間も楽しめる、ずっと大事にしていきたい。

ご主人:
家の中では、LDKの畳コーナーが特に気に入っています。
私のパーソナルスペースですね。個人的な楽しみの時間を過ごす場所かな。
杉山さん:
畳コーナーは趣味の場所として考えました。想像通りに使っていらっしゃるのをお聞きしてすごく嬉しいです。ここは将来、子どもの遊び場所にも使えます。床は畳なので柔らかいし、キッチンとリビングの両方から見守ることができます。また和めるように、畳コーナーから坪庭の縁を眺められる窓を作りました。
山口:
図面を見たときに、本当にいろいろと工夫が盛り込まれていると感じました。今回は、現場でつくったり調整したりすることが多かったですね。その都度、職人さんと綿密に打ち合わせをして、細かいところまできれいに仕上がるようにしました。
ご主人:
今日の皆さんの話を聞いて、それぞれの担当の方の「こういうものをつくりたい」という強い想いのもとで完成した家なんだなあと感じました。これからは私たちが、この家を大事にしていきたいですね。
  • オーナー様×トヨタすまいるライフ 対談へ