1. HOME>
  2. くらしのお手伝い>
  3. マンション管理>
  4. マンションライフと管理

マンション管理

マンション管理

  • マンションライフと管理
  • トヨタすまいるのマンション管理
  • 緊急・異常総合監視業務
  • 保守点検業務
  • 事務管理業務
  • 清掃業務
  • 大規模修繕工事
  • マンション管理実績

マンションライフと管理

一戸建てとの大きな違い、区分所有法

一戸建の場合、家をどのように使うかは、所有者個人の意思に任されています。

マンションの場合、各住戸部分を独立して所有できても壁・そのほかの構造部分・設備などは、複数の区分所有者の共有となる建物です。

区分所有法には、そのような建物およびその敷地などの権利関係や管理運営などマンションライフならではのルールが定めてあります。

専有部分と共有部分

区分所有法とは?

共有財産(共用部分や敷地)の維持管理は区分所有者全員で

管理を行うために区分所有者全員で構成される団体のことを「管理組合」と呼んでいます。

区分所有者は、法律上当然に管理組合の組合員となり管理に参加・協力しなければなりません。従って組合員になることを拒否することはできません。

ただし、維持管理に関する業務は複雑で、専門的知識を要するものがたくさんありますので、実際は管理会社に業務を委託することになります。

管理組合

管理組合とは?維持管理とは?

なぜ、管理会社に管理を委託するの?

管理会社が処理する業務は、本来管理組合が担当する業務を契約により受託しているものです。

言い換えれば、管理会社は管理組合のお手伝いをさせていただいているわけです。

マンションの管理業務の処理には「専門性」「継続性」「確実性」が要求されます。しかし、管理組合の役員の皆さまはほかに職業を有していることが通常であり、管理業務に専念することに支障があります。こうしたことが管理会社に委託する背景になっています。

管理組合

管理会社に委託が一般的

マンションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

TEL0565-24-2966

PAGE TOP↑


BACKマンション管理へ戻る

BACKくらしのお手伝いへ戻る