HOME > 別格サービス「丸わかり辞典」 > 第6回 暮らしやすい街づくり編

別格サービス「丸わかり辞典」 TOYOTA SMILE LIFE BEKKAKU SERVICE DICTIONARY

第6回暮らしやすい街づくり編

一般的な住宅街で
ありがちなこと

  • 道幅が狭くて、
    見通しが悪いので
    歩いている時に
    車が通ると危ない…

  • 公園が近くにないし、
    街灯以外の明かりが
    少ないので
    夜になると暗くて怖い…

トヨタすまいるだからできること!

トヨタすまいる ライフでは、
次世代も安心して豊かに暮らせる
街づくりを行っています。

  • ❶ 安全に配慮した
    街づくり
    分譲地への進入路を限定。
    さらに通過交通をなくす道路設計と夜間の照明計画で街区内の防犯性や安全性を高めています。
  • ❷ 歩行者を車から守る
    石畳舗装や曲線道路により車両速度を抑制。車と分離した歩道や緑道を設けることで歩行者の安全面に配慮しています。
  • ❸ 災害に強い街づくり
    電線類の地中化により電柱の倒壊などの二次災害を防止。分譲地内の公園には、かまどとしても使用できるベンチを設置し、もしもに備えています。
  • ❹ 美しい街並み
    建物の配置計画や、植栽などの外構計画にはガイドラインを設定。統一感のあるデザイン計画により、歳月とともに美しく成熟する街並みを創造します。
  • ❺ 緑を活かした
    街づくり
    植物や自然エネルギーを活かした設計も魅力のひとつ。蒸し暑い夏も寒い冬も快適に過ごせる工夫が満載です。
  • ❻ コミュニティを
    サポート
    分譲地の公園は外部の人が入りにくい設計で子どもたちの遊び場としても安心。住民同士の交流の場にもなっています。
  • ❼ スマートタウン
    公園や歩道に太陽光発電などを設置し街灯の電力に供給。スマートハウスや車と家の連携など、先進技術も多く採用されています。
  • ❽ 環境との共生
    元々の地形や自生する既存樹木など、その土地の環境資源を活かし、人と自然の共生を目指した街づくりを行っています。

※掲載の設備や取り組みは、物件によって異なります。詳しくはスタッフへお問い合わせください。

日々の心地よい暮らしと
長く住み継がれる住まいのために

トヨタすまいるライフでは、「環境との共生」「安全・安心」美しい街並み」「コミュニティづくり」を軸に、その土地の環境や特性を活かした「街づくりプロジェクト」を実施しています。たとえば、太陽光発電や風力発電など自然エネルギーを活用した街灯をはじめ、安全面に配慮した道路設計や公園一体型調整池の整備など、暮らしを支える機能をしっかりと備えながら、自然を感じ心豊かに暮らせる美しい街づくりを実現してきました。街の風格や美しさを保ちつつ自然と共生し、分譲地のセキュリティ、安全、防災、コミュニティに配慮した設計は、「地域住宅計画奨励賞」を受賞するなど、高い評価をいただいています。今後も人と自然との共生をめざし、住まう人にとって快適な街づくりを実践してまいります。

トヨタすまいるライフの街づくりをぜひ、現地で体感ください。

トヨタホーム営業部 山本 恭也

暮らしに必要な「安心・安全・快適」といった基本性能だけでなく、お住まいになる方やご家族にとっての「誇り」となる街づくりを心がけています。

トヨタホーム営業部 山本 恭也

このページのトップへ