HOME >企業情報> 女性活躍推進に関する行動計画

女性活躍推進に関する行動計画

1.課題(2016年4月)

  • 育児・介護休業制度などの両立支援制度はあるが、周知が徹底されていない
  • 職種や稼働日のばらつきにより、一律の制度だと利用しにくい
  • 上記のような働き方の違いにより、復職後のキャリア形成プログラムが実状に合わず、女性管理職の育成が進んでいない

2.目標

  • ①両立支援制度の周知徹底および職場への浸透
  • ②実態に合った両立支援制度の拡充
  • ③管理職に占める女性割合を5年後までに現状の2倍とする

3.計画期間

2016年4月1日~2021年3月31日(5年間)

4.取組内容(~2020年4月現在)

  1. 一時預かり所「プチすまいる」開設(2018年4月~)…目標②
    土日に預け先の確保が難しい社員に対し、土日限定の一時預かり所を開設。これまで3名の社員が利用。
  2. 育児休業制度等拡充(2019年4月~)…目標②
    以下の制度について、期間拡充
      2019年4月~ ~2019年3月
    育児短時間
    勤務制度
    小学校
    4年生
    修了まで
    小学校
    就学前まで
    所定外労働
    の免除
    3歳未満
    時間外労働
    の制限
    小学校
    就学前まで
  3. 早期復帰者に対し支援金支給(2019年4月~)…目標②
  4. 活動内容の周知(2019年4月)…目標①
    • 全社員配布紙「すまいる-Coht」に掲載
      制度拡充について周知及び、職場上司に向け、短時間勤務社員へのキャリア形成支援を依頼。
    • 管理職向け説明会実施(2019年2月)
    • 「育児休業ハンドブック」刷新
      既存の育児休業ハンドブックに情報を追加し、新任管理者へ配布及び、社内イントラネットに掲載。
  5. 女性総合職増加…目標③
    女性管理職増に向け、前段階として女性総合職増に着手。
    新卒採用における女性比率増や、業務職⇒総合職への職種変更により、数は年々増加。

    女性総合職増加の割合(2016年~2019年データ)

5.今後の取組課題
(2019年4月課題設定・2020年4月報告)

  • 土日勤務職場の育休取得者について、一時預かり所を設置するも利用せず、土日勤務以外の部署への異動を申し出るケースあり。⇒ 部署によって休日設定変更(火水⇒水日休日)…育休取得前の業務に就業可能
  • 短時間勤務者について、期間延長など環境整備は進むも、制度取得中の働き方(業務レベル・意識)についてより能力発揮させる仕掛けが必要。(2020年活動継続)

6.女性活躍の現状に関する情報公開
(2020年4月時点)

(1)採用した労働者に占める女性労働者の割合
(2019年4月~2020年3月)

採用した労働者に占める女性労働者の割合

(2)男女の平均継続勤続年数の差異
(2020年4月時点)

男女の平均継続勤続年数の差異

(3)管理職に占める女性労働者の割合

管理職に占める女性労働者の割合

(4)労働者の一月当たりの平均残業時間

労働者の一月当たりの平均残業時間

おすすめコンテンツ

最近見たページ